脱色でムダ毛処理をするのが向いている人、向いていない人の違い

脱色でムダ毛処理をするのが向いている人、向いていない人の違い

ムダ毛処理を考え始める年齢というのは、個人差はありますが、やはり中学生、高校生位からになるでしょうか?
大人であれば脱毛サロン、クリニックなどをやはり考えていきたいところですが、中学生高校生には出せるお金というのは非常に少なく、そういった方法は基本的にはとれません。

 

そういった時に考えつくのが、脱色という方法だったりします。
脱色というとかつてはビール、オキシドールといった方法などだったりしたようですが、最近はきちんとした脱色剤がありますので、きちんとした方法で行うようにしましょう。
脱色というのは、メラニン色素を分解して、金色にすることで目立たなくするという方法になります。
この脱色はカミソリのようにお肌への負担も少ないですし、またお肌がザラザラしたり、生えてきた毛によってゾリゾリするということもありません。
そのため、一見オススメのように見えますが、実は向いていない人もいます。

 

それがとても毛が多い人です。
金色に輝く毛が、フサフサと腕に生えていたら、ふとした拍子にとても目立ってしまうのです。
普通に毛が濃い人はそれはそれで目立ちますが、それが金色になっているとさらに目立ってしまうのは間違いないと言えるでしょう。
そのため、脱毛するほど毛はないけど処理しておきたいという人には良いかもしれませんが、毛が多い、太い、濃いといった人は脱色ではなく他の方法が良いと言えるかと思います。